医療法人 永歯会 やまぐち歯科クリニック

大阪市大正区の 歯科,歯医者
医療法人 永歯会 やまぐち歯科クリニック

06-6556-4618
大阪府大阪市大正区南恩加島2-7-24
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
HOME»  審美歯科

審美歯科

保険治療と自費治療の違い

歯科治療には保険治療と自費治療があります。

保険治療では国に治療方法や使用材料を決められていますが、
より機能的・審美性の高い治療を求める場合、国の基準を超えるので自己での負担となってきます。

◆天然歯と見分けがつかないほど色を合わせることができます。
◆型取りをする材料もより精密な型ができるものを使用します。

 

修復材料について

歯の治療には、長らく金属が一般的に使用されてきました。
しかし近年、金属の見た目と、人体へのアレルギー等への懸念から、金属を使わずに治療したいという傾向が強まっています。
全く金属を用いないメタルフリーの治療や、セラミックだけを使用する、オールセラミック治療をご希望の方が増加しています。
それぞれの治療物のメリット、デメリット、治療法の特徴を把握し、自分にあった歯科治療を行なうことが理想的です。

修復材料について、治療ごとの比較表をご参照ください
◆機能性(違和感)
天然の歯のように、できるだけ違和感なく噛める
◆審美性(美しさ)
自然に美しく見える
◆耐摩耗性(耐久力)
装着する詰め物、かぶせもの、入れ歯などができるだけ長くもつ
◆長期安定性(安全性)
金属アレルギーになりにくく、身体にとって安全である

 

保険のコア(メタルコア)

メタルコアは保険治療で最も一般的に使用されている金属の土台(コア)です。
保険のコア(メタルコア)
コア・材料比較
  機能性
(違和感)
審美性
(美しさ)
耐磨耗性
(耐久力)
長期安定性
(安全性)
価格
保険材料 × × × × ¥700
ファイバーレジン ¥17,000
ゴールド × ¥31,500
※価格は3割負担の患者様の目安価格です。(税抜表示)
ファイバーコア
17,000円
ファイバーコアとは、グラスファイバーのピンで補強したプラスチックの土台です。
ファイバーコア
【メリット】
■硬さや弾性が歯とほぼ同じのため歯が割れる(歯根破折)のリスクが低い。
■強度があり耐久性がある。
■光の透過性があり歯に似た白さのため、自然で透明感のある美しい歯を再現できる。
■金属の溶け出しによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配がない。
■歯を削る量が少ない(口腔内で製作する場合)。

【デメリット】
■自費治療のため費用がかかる。
ゴールドコア
31,500円
ゴールドコアとは、金合金(20K)白金加金(PGA/プラチナ加金)などの貴金属を使用した土台(コア)です。
【メリット】
■コアの強度が高く、耐久性がある。
■金属の溶け出しによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配が少ない。
■精密に製作することができるため、コアの脱落などのトラブルが起こりにくい。

【デメリット】
■硬く弾性がないため、歯根が破折する危険がある。
■歯を削る量が多い。
■光が透過しないため、歯の自然な透明感を出しにくい。
■再治療が必要になった際、硬い金属のため除去が困難である。

 

保険のインレー(金銀パラジウム合金)

主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属のインレーで多くの場合「金銀パラジウム合金」という金属が使用される。
保険のインレー(金銀パラジウム合金)
インレー・材料比較
  機能性
(違和感)
審美性
(美しさ)
耐磨耗性
(耐久力)
長期安定性
(安全性)
価格
保険材料 × × × ¥2,500
ハイブリッド ¥28,000
セラミック ¥50,000
ゴールド × ¥32,400
※価格は3割負担の患者様の目安価格です。(税抜表示)
ハイブリッドインレー
小臼歯:28,000円 大臼歯:31,500円
セラミックとプラスチックを合わせた材質で、セラミックよりは色の出方・強度などは劣りますが、摩耗度は天然歯に近くなります。 ただし、プラスチックには吸水性があるため長期間の使用により劣化・変色があります。
【メリット】
■見た目が良い。
■硬すぎないので、周囲の歯や咬み合う歯を傷めにくい。
■金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配がない。

【デメリット】
■時間が経つと多少変色する。
■すり減りやすい。(これはメリットでもありデメリットでもあります。)
■自費治療のため、値段が高い。
オールセラミックインレー
50,000円
セラミックインレーとは、セラミック(陶器・焼き物)でできた詰め物(インレー)です。最も見た目が良いですが、割れやすいという欠点があります。
オールセラミックインレー
【メリット】
■見た目が良く、ほとんど変色しない。
■汚れ(プラーク)が付きにくい。
■金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、 金属アレルギーなどの心配がない。

【デメリット】
■割れやすい。
■歯を削る量が比較的多い。
■自費治療のため、値段が高い。
ゴールドインレー
32,400円
金属の中でも一番軟らかく加工しやすいので、歯への適合が良い。延性があるので、年数が経過すると歯にフィット感が増し、咬み心地も良いです。
部位にもよりますが笑った時にはゴールドが見えます。
【メリット】
■金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にも使える。
■最も適合が良く、二次的な虫歯になりにくい。
■金属の溶け出しによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配が少ない。

【デメリット】
■金属なので見た目が良くない。
■自費治療のため、値段が高い。

 

保険のクラウン(硬質レジン前装冠)

硬質レジン前装冠とは、中身は金属(金銀パラジウム合金など)で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられているクラウン(差し歯)です。
保険のクラウン(硬質レジン前装冠)
クラウン・材料比較
  機能性
(違和感)
審美性
(美しさ)
耐磨耗性
(耐久力)
長期安定性
(安全性)
価格
保険材料 × × × 前 ¥7,000
臼 ¥4,000
ハイブリッド ¥48,000
メタルボンド ¥90,000
ゴールド × ¥64,800
オールセラミック ¥90,000
※価格は3割負担の患者様の目安価格です。(税抜表示)
ハイブリッドクラウン
小臼歯:38,000円 大臼歯:48,000円
セラミックスとプラスチックの特性を併せ持つ新素材です。
セラミックスのような美しさ(色調再現性)と硬さ(耐摩耗性)がありプラスチックのような粘り強さ(耐破折性)があります。
【メリット】
■オールセラミッククラウンやセラミックインレーなどより経済的。
■セラミックスより柔らかいため、咬み合う歯を傷めず、咬み合わせに応じてすり減る為なじみやすい。

【デメリット】
■長期間の使用で多少の変色やツヤの消失がみられる。
メタルボンド
60,000円 (中Gold)90,000円
メタルボンドとは中身が金属で外から見える部分にのみセラミックを張り付けたクラウン(被せ物・差し歯)です。
メタルボンド
【メリット】
■天然歯に近い色調が出せるので見た目が良い。
■中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。
■中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配が少ない。

【デメリット】
■中身の金属の種類によっては金属が溶け出すことによる歯茎の変色、 金属アレルギーなどが起こる可能性がある。
■色調はオールセラミックに劣る。
■自費治療のため、値段が高い。
ゴールドクラウン
64,800円
ゴールドクラウンとは「金合金」や「白金加金」等の貴金属を使用したクラウン(被せ物)です。
ゴールドクラウン
【メリット】
■金属なので強度が強く、強い力のかかる部位にも使える。
■最も適合が良く、二次的な虫歯になりにくい。
■金属の溶け出しによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配が少ない。

【デメリット】
■金属なので見た目が良くない。
■自費治療のため、値段が高い。
オールセラミッククラウン
90,000円
オールセラミッククラウンとは、全体がセラミックでできている クラウン(差し歯)です。
オールセラミッククラウン
【メリット】
■見た目が非常に良く、ほとんど変色しない。
■汚れ(プラーク)が付きにくい。
■金属を使用しないので、光の透過性が良く金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配がない。

【デメリット】
■割れやすい。
■天然歯より硬いため、周囲の歯や咬み合う歯を傷めることがある。
■自費治療のため、値段が高い。
■セラミックのブロックを電子制御によって、機械で削り出す為、色調が単色になり前歯部には適さない。

 

歯の治療についてご相談ください。

まず自費治療の内容を理解することが大切です。
治療をはじめる前に今後の治療内容についての十分な説明をお聞きになり、
少しでも疑問な点や不安があれば遠慮なく、どんなことでも、何度でもご質問していただきたいと思ます。

医療法人 永歯会 やまぐち歯科クリニックでは、
インフォームドコンセント(説明と同意)を最重視し患者様に納得して治療を受けていただけるよう心掛けています。
少しでも患者さまの不安を取り除けるよう、スタッフ一同、笑顔にてお出迎えさせていただいております。
患者様の感情を敏感に感じとり、その人に適した対応や医療を提供する事こそ一番大切と考えております。
お悩みがあればお気軽にご相談ください。

院長 : 山口 高司